FC2ブログ

EGYPT

エジプト考古学博物館
エジプト考古学博物館-2
2008/11/24 エジプト考古学博物館 (エジプト)
フランス人考古学者オーギュスト・マリエットによって創立された巨大な博物館。正面入口前にはパピルスとハスの植えられた池がある。中央が吹き抜けになっている館内には、古代エジプト文明の遺品や美術品の数々が、1階は時代、王朝別、2階はテーマ別に陳列されている。ピーク時には大変に混雑するので、団体行動のときは係員とはぐれないように注意したい。おもな展示品は、まず1階では、10£紙幣にも描かれているほど端正な顔立ちの「カフラー王座像」、文字を覚えエリート街道を進んだ「書記座像」、身体が男になっている「ハトシェプスト女王の像」や彼女の「スフィンクス」、極端に長い顔とふくれた腹を持つ「イクナテン王像」、古代エジプトで最も美しいとされた「ネフェルティティの頭像」などがある。2階には貴族の墓などから出土した模型やミイラもあるが、なんといっても目玉はツタンカーメン王の墓より発掘された秘宝のコーナー。とりわけ王のミイラがかぶっていた「黄金のマスク」は人気が高い。このほか、22金製の「黄金の内棺」、「金箔の玉座」なども見逃せない。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2019/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

徳島犬

Author:徳島犬
「NO MUSIC, NO LIFE.」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Tokushima Vortis
犬棚
bijin-tokei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード