FC2ブログ

「BLACK JACK」抄録⑫

Black Jack―The best 11 stories by Osamu Tezuka (17) (秋田文庫)Black Jack―The best 11 stories by Osamu Tezuka (17) (秋田文庫)
(2003/08)
手塚 治虫

商品詳細を見る



“不死鳥”
―The Phoenix―

B・J 不死鳥(フェニックス)か! そんなもんはこの世にいるはずがないんだ もし たとえ かりにいたとしたって………… おれはいらい おれの仕事は人間をなおすことだが人間を死ななくすることじゃない
『B・Jの詞』


“おとずれた思い出”
―Pinoko's Older Sister―

可仁先生 そっ そっ そんな… せ 世間体が……
B・J ――これだけいっとくが可仁先生… 格式だの家柄だのってやつはわたしゃァ胸がムカつくんでね!! そいつァ人間のいちばん愚劣な病気みたいなもんだ!
『可仁先生とB・Jの電話でのやりとり』


“台風一過”
―After the Passage of a Typhoon―

マネージャー 家がメチャメチャだァ………
B・J 家なんか何軒も建つがこの子の命はひとつかぎりだぞっ
『歌手のマニー白毛(しらげ)のマネージャーとB・Jのやりとり』
スポンサーサイト



2010年(平成22年)9月30日 木曜日 讀賣新聞 29 PRのページ 13版抄録

大阪経済大学 第10回高校生フォーラム 17歳からのメッセージ
テーマ③「今、伝えたいこと(自由課題)」 グランプリ
『母さんへ(読みおわったら、しばらく話しかけないで)』
西南女学院高等学校 飯田 洋子


私が学校から帰ってくると、いつも昼寝している母。
昼寝と言っても時間は午後6時。
ベランダから入る沈みかけの太陽の日が丁度母の顔にあたって、凄くまぶしそう。
まぶしいなら起きればいいのに。

「お姉ちゃん、ごめん。またパソコン教えてくれる?」もう何度目かわからない即席講座。
「いいかげん覚えてよね」って私が言うたびに「本当ごめんね」だって。

仕事のレイアウト「これはどうかな?」って聞くのはいいけど、人が何か言うと「え~」って言う。
それなら最初から聞かないでよ。

学校に遅刻しそうで急いでいるのに、行こうとすると、奥から「待って待ってー」って出てきて
「いってらっしゃい」と一言。急いでるって言ってるじゃん。

でも私は知ってるよ。
いつも昼寝してるのは、夜遅くまで仕事してたからだよね。
家事だけでも大変なのに、家族に迷惑かけないように、家事を済ませて皆が寝た後1人でがんばってるよね。
パソコンだって、私に聞かなくていいようにメモにとって確認してるよね。
レイアウトだって少しでもお客様によろこんでもらえるようにっていつも言ってるもんね。
「いってらっしゃい」ニュースで、最後に我が子を送り出した時、親が言えなかったって後悔したって話聞いてから今まで一度もかかした事ないもんね。
全部知ってる。全部わかってるよ。面と向かっては言わないけど。



――ホロリとしました。

「BLACK JACK」抄録⑪

Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
(2000/01)
手塚 治虫

商品詳細を見る



“命を生ける”
―Life of the Head Master of Flower Arrangement―

家元 ごらんください先生 娘が生けたんです
B・J 私には芸術ってやつはよくわからないんでねえ 私には地面にはえてる花のほうがきれいに見える
家元 スペインの闘牛を見ましたか?先生 牛とたたかって 殺すだけのことだがスペイン民族にとっては最高の芸術なのですよ そして闘牛士には巨匠(マエストロ)という肩書きがつくのです  先生 芸術というのは自分が決めるのではない それを見る大衆が決めるのです
『娘 ソノの生け花を前に、家元の永湖清水(えいこせいすい)とB・Jのやりとり』

「BLACK JACK」抄録⑩

Black Jack―The best 13stories by Osamu Tezuka (12) (秋田文庫)Black Jack―The best 13stories by Osamu Tezuka (12) (秋田文庫)
(1993/07)
手塚 治虫

商品詳細を見る



“侵略者”
―Invader―

B・J 私はね ガンのようななおりにくい病気の患者になおりますなどといってごまかすのはきらいでね
死ぬ人間にははっきり死ぬといっとく主義だ そのほうが残りの人生を有効に使える
田口 しかしそれじゃ悲観して自殺でも
B・J 自殺なんかするような患者は なおったって気がよわくて生きがいなんか持たんやつさ!
『田口先生(だった人)とB・Jのやりとり』

「BLACK JACK」抄録⑨

Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (11) (秋田文庫)Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (11) (秋田文庫)
(1993/07)
手塚 治虫

商品詳細を見る



“人生という名のSL”
―Call It Life―

これだけは きみもキモにめいじておきたまえ 医者は 人をなおすんじゃない 人をなおす手伝いをするだけだ なおすのは…本人なんだ 本人の気力なんだぞ!
医者が人の生き死にのカギをにぎるなんて………… 思いあがりもはなはだしいんじゃないか?
『(B・Jの)夢の中で、B・Jへむけた本間(丈太郎)先生の詞』

2010年(平成22年)9月27日 月曜日 讀賣新聞 32 社会 13版抄録

瀬戸内芸術祭作品焼ける
会場など延焼 90歳男性不明
高松・男木島


26日午後7時頃、高松市男木町(男木島)の植田一郎さん(90)方から出火。
鉄筋一部2階建の住宅を全焼し、隣接の民家と旧男木公民館の計3棟も全焼、民家1棟の一部を焼いた。
植田さんの行方がわからなくなっており、高松北署などが確認を急いでいる。
旧公民館は「瀬戸内国際芸術祭」(10月末まで)の会場の一つで、日系2世の現代芸術作家・大岩オスカールさん(45)の作品「大岩島」も焼けた。

男木島は高松市の高松港から北約6㌔にあり、人口約200人。現場はフェリー発着場近く。

同芸術祭実行委員会によると、「大岩島」は旧公民館の壁と床に、大岩さんがイメージする瀬戸内海をペンで描いた作品。
両側の鏡に映すことで広がりを持たせるよう工夫されていた。

この日、島内にいた実行委スタッフは「何度も爆発音がして驚いた。作品を楽しみにしていた人が多く、残念だ。芸術祭後も残す計画は幻になった」と話した。

大岩島-2
火事で焼けた大岩さんの作品「大岩島」。絵の両側に鏡を置いているため、連続するように見える

「BLACK JACK」抄録⑧

Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (10) (秋田文庫)Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (10) (秋田文庫)
(1993/07)
手塚 治虫

商品詳細を見る



“あつい夜”
―Hot Night―

そうだ できれば戦争中におまえを殺したかった 戦争は人間のひとりやふたり殺しても罰せられん
だが……戦争が終わるととたんに殺人は犯罪になってしまう こんな不都合なことがあるのか!?
『ゴ・ウィン(先生)の詞』

「BLACK JACK」抄録⑦

Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (7) (秋田文庫)Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (7) (秋田文庫)
(1993/07)
手塚 治虫

商品詳細を見る



“灰色の館”
―Burning Revenge―

医者は人のからだはなおせても……………
ゆがんだ心の底まではなおせん
『B・Jの詞』


“ハリケーン”
―Hurricane―

皮肉なもんじゃ 助かりたいやつがみんな死んで…… 助かりそうもない人間が生きのびた… それが人生かも知れんな
『不治の難病とハリケーンから逃れ生きながらえたクロスワードの詞』

「BLACK JACK」抄録⑥

Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (6) (秋田文庫)Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (6) (秋田文庫)
(1993/07)
手塚 治虫

商品詳細を見る



“火と灰の中”
―Amidst Fire And Ashes―

私は医師連盟で決めた料金なんてばかばかしくて相手にしませんね
私は自分の命をかけて患者を治しているんです
『日本医師連盟にむけたB・Jの詞』


“ナダレ”
―Super Deer―

あんたゆうべ なんていった
人間が人間をさばくのだといったね
人間は動物をさばく権利があるのかね?
『野性化した鹿のナダレを始末した博士にむけたB・Jの詞』

「BLACK JACK」抄録⑤

Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (5) (秋田文庫)Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (5) (秋田文庫)
(1993/07)
手塚 治虫

商品詳細を見る



“もらい水”
―Self Sacrifice―

院長妻 手術室があいたわ
院長 さあ すぐ手当てを…
B・J おっと 待ってくださいよ この人だけ特別あつかいをするわけにはいかんのでしょう?患者は平等だといったね
院長 でもそれは母です
B・J 「母です」か 聞いてあきれらァ ここは満員なんだろ よそへいって手当てするよ
院長 待ってくれ よそもどこもいっぱいなんだ
B・J 私がオペをしてやるよ
院長 あなたも医者ですか?
B・J そんなようなもんだ 無免許だがね
B・J だからなおせるかどうか保証はできないがね とにかくこの病院は無理だからな
院長 無免許の医師なんかにまかせられますか!!ひきわたしてくださいっ
B・J たたじゃひきわたされませんぜ
院長 なんだって!!ゴネる気か!?
B・J 一千万円でゆずりましょう
院長 ……おどす気かっ け 警察を呼ぶぞ!!
B・J いやならいやでいいんだ それなら私が手術をしようといってるんだ
B・J 私なら母親の値段は百億円つけたって安いもんだがね
『手瀬間胃腸病院、院長夫妻とB・Jのやりとり』

「BLACK JACK」抄録④

Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (4) (秋田文庫)Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (4) (秋田文庫)
(1993/07)
手塚 治虫

商品詳細を見る



“落としもの”
―Lost And Found―

依頼人 し しかし なぜ 先生はあんなに高く請求なさるんです ムチャクチャだ!!
B・J ムチャクチャ…?高いと思いなさるのかね そりゃァあんたが死ぬほどの苦しみをしてないからですよ 苦しがってる病人は命さえ助かるなら全財産手ばなしたってかまわないと思う…… なおしてもらうありがたみは本人しかわからないもんです
『ムーミンそっくりの(オペ)依頼人にむけたB・Jの詞』

「BLACK JACK」抄録③

Black Jack―The best 15stories by Osamu Tezuka (3) (秋田文庫)Black Jack―The best 15stories by Osamu Tezuka (3) (秋田文庫)
(1993/07)
手塚 治虫

商品詳細を見る



“ちぢむ!!”
―Shrinking Bodies―

神さまとやら!あなたは残酷だぞ
医者は人間の病気をなおして命を助ける! その結果世界じゅうに人間がバクハツ的にふえ 食糧危機がきて何億人も飢えて死んでいく………………… そいつがあなたのおぼしめしなら………
医者はなんのためにあるんだ
『天にむかって叫ぶB・Jの詞』


“ふたりの黒い医者”
―Black Mirror Image―

生きものは死ぬ時には自然に死ぬもんだ……
それを人間だけが……… 無理に生きさせようとする
『B・Jへどっちが正しいかの問いを投げかけたドクター・キリコの詞』

「BLACK JACK」抄録②

Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (2) (秋田文庫)Black Jack―The best 14stories by Osamu Tezuka (2) (秋田文庫)
(1993/07)
手塚 治虫

商品詳細を見る



“病院ジャック”
―Hospital Jack―

たいしたやつだな……… 簡単に五人も死なせるなんて
こっちは………… ひとり助けるだけで せいいっぱいなんだ………
『連行される病院ジャック犯へむけたB・Jの詞』


“座頭医師”
―The Blind Doctor Of Acupuncture―

人間のからだなんてものは もともと切ったりすてたりできるしろものじゃねえ
けものや鳥をみな 病気になったって手術なんかしねえよ みんな自分のちからでなおすんだ そういうもんさ
『盲目の鍼灸師、琵琶丸の詞』

「BLACK JACK」抄録①

Black Jack―The best 12stories by Osamu Tezuka (1) (秋田文庫)Black Jack―The best 12stories by Osamu Tezuka (1) (秋田文庫)
(1993/07)
手塚 治虫

商品詳細を見る



“ときには真珠のように”
―Sometimes Like Pearls―

…な なあ ど どんな医者だって せ 生命のふしぎさには…かなわん…
に 人間が い 生きものの生き死にを じ 自由に し しようなんて
おこがましいとは お お 思わんかね……
『J・H(本間丈太郎) 最期の詞』


“めぐり会い”
―The Encounter―

B・J きみが女であるあいだにいっておこう めぐみさん きみが好きだ 心から愛している!
如月恵 やっといってくださったのね…うれしい!!
B・J どうしてもいえなかった…………
如月恵 先生 キスして!おねがい

如月恵 これきりなのね………… 手術が終わったらこの気持ちもかき消えてしまうのね
B・J いや そうじゃない この瞬間は永遠なんだ
『如月恵の子宮ガン手術(オペ)前 B・Jとのやりとり』

東京賛“写”

新宿西口
2010/08/30 『新宿西口』/新宿プリンスホテル (東京都)
東京一望
2010/09/01 『東京一望』/NHK技術研究所 (東京都)
飛行機の窓から
2010/09/02 『飛行機の窓から』/JAL1433便
08 | 2010/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

徳島犬

Author:徳島犬
「NO MUSIC, NO LIFE.」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Tokushima Vortis
犬棚
bijin-tokei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード