FC2ブログ

堀内誠一 旅と絵本とデザインと

堀内誠一 旅と絵本とデザインと
2010/04/29 堀内誠一「旅と絵本とデザインと」 徳島県立近代美術館 (徳島県)
・雑誌「平凡パンチ」や「アンアン」「ブルータス」などの先進的なアートディレクターとして、また、『くろうまブランキー』や『ぐるんぱのようちえん』『たろう』シリーズをはじめとする人気絵本作家として多彩な創作活動を繰り広げた堀内誠一(1932-87年)。さらに彼は世界各地を旅し、多くのイラストや絵手紙を残した「旅行家」でもありました。

 本展では、「デザイン」「絵本」「旅」の三つの側面に焦点を当て、堀内誠一の生涯にわたる活動の変遷をたどりながら、その全貌に迫ります。
スポンサーサイト



ぼやきごと

“韓流スター”
韓国出身の俳優・女優、アイドルグループが巷に蔓延る昨今……
本当にこれでいいんでしょうか?日本の女性諸君、目を覚ませ。
――「はぁ~?日本男児じゃ力不足なんだよ!このヘタレ!」
こんなお叱りの言葉が聞こえてきそうですね……。すみません。

疑心は他にもたくさんある。
なんでも『イケメン』で片付けられる世界。『金』で解決する世の中。
『学歴・資格』が物言う社会、すっきりしない『社会情勢』。
まっこと……いやになっちゃうよ。

“友人のバヤイ(場合) case#4”
2010年4月28日現在、彼は本業と副業に明け暮れている。
当人の(熱中)比率はまだ五分五分らしく、近い将来は副業で本業以上の稼ぎをと意気込んでいる。
そんな彼の暴走バイタリティーはとどまるところを知らない。(なんとまぁ……)
Multi Level Marketing狂の彼に幸あれ。 ――あ、無論本心ではありませんよ。

“友人のバヤイ(場合) case#5”
いつしか彼は、「*1カメレオン」「*2スポンジ芸人」という代名詞を射止めた。
小さい頃から律儀で思いやりのある好漢は、変わり種である私のよきパートナーでもある。
気配り上手な彼が時々羨ましい反面、妬ましくも思える。――全くもって奇妙な話だ。
彼とはこれからも微妙(可もなく不可もなく)な距離で…… 「共に歩み続け(ましょう)たい」

*1 状況に応じて、いろいろと自分の表情、態度を変えている
*2 スポンジのようになんでも吸収していく芸人

大歩危・小歩危

モンベルクラブ 大歩危店
2010/04/24 モンベルクラブ 大歩危店 (徳島県)
河原リバーステーション
2010/04/24 河原リバーステーションより (徳島県)
児啼爺
2010/04/24 「児啼爺」石像 (徳島県)
大歩危の小便小僧
大歩危の小便小僧-2
2010/04/24 大歩危の小便小僧 (徳島県)
フシギなトイレ
2010/04/24 「フシギなトイレ」奥祖谷観光周遊モノレール駅舎トイレより (徳島県)
奥祖谷観光周遊モノレール
奥祖谷観光周遊モノレール-2
奥祖谷観光周遊モノレール-3
奥祖谷観光周遊モノレール-4
2010/04/24 奥祖谷観光周遊モノレール (徳島県)

愛媛FC応援歌「Hey! Come on」が「8×4」と聴こえる件

徳島ヴォルティス - 愛媛FC
人間らしい生活サイクルも、板に付いてきた今日この頃。
ルーティンワークを、どうにかこうにかやりこなす日々を過ごしております。
少しゆとりができたので、一風変わった角度から本日は“日記”を書きたい所存であります。

それにしても近ごろは寒暖の差が随分激しいですね。季節の変わり目、体調にはくれぐれもお気をつけください。


通院(?)している馴染み(?)の皮膚科へおもむく朝。

――着いてみてクリビツ(!)。
閉ざされた扉には白い貼り紙で「閉院のお知らせ」の文字が。

人気(よきもわるきも)のないその陰気くささと田舎くささ(よきもわるきも)が壷でした。
あの“絶対に病状は教えてくれない”唯一無二の診察スタンスともお別れの時が来たんですね。
『……残念でなりません』

かのSUPER BUTTER DOGのフロントマン、永積タカシ氏は“サヨナラCOLOR”で歌われました。
「サヨナラからはじまることがたくさんあるんだよ」と。
……そうです、そうなんですよね。

早急に“代わりの皮膚科を探さねば”。だよね


その後、つい先日(?)オープンしたとの噂を聞きつけDonDonDown on Wednesdayへ。
Tシャツ・ラグランを各1枚、長袖シャツ(カットソー?)を2枚……あとSUPREMEのパーカーを購入。〆て¥4,100也。
貰ったレシートには『ねぎ』(葱)やら『もも』(桃)と、野菜・果物の文字が踊っております。(ちなみにパーカーは『長袖かぶり』)
――苦しゅうない面をあげい。余は暫し和んだであるぞ。


本日のお買い物は他に、DickiesのパンツとナイキのダイナモL(サイズはMですが何か)。こちら〆て¥9,702也。
――後、GEOでCDをレンタルしてJ.LEAGUE観戦(2010年初の四国ダービー)へ。結果は周知のとおりスコアレスドロー。
再三にわたり愛媛ゴールを脅かしましたが決め手を欠きました。一サポーターとして“comeback! Tomohiro TSUDA”冥利に尽きます。
余談ですが今シーズンの愛媛にはさほど脅威を感じられませんでした。*あらゆる面で徳島が格上だと見受けられます。
きたる次回四国ダービー(何分気早いのですが)では是非“勝利”の二文字を手中に収めておくれやす(はんなりと)。

※個人の感想です。(地元びいきではございません)
03 | 2010/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

徳島犬

Author:徳島犬
「NO MUSIC, NO LIFE.」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Tokushima Vortis
犬棚
bijin-tokei
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード